トップページ » SEO対策 » エイジングフィルタについて


エイジングフィルタ

  • 「エイジングフィルタ」とは、Googleにおける現象の1つで、サイトが開設されてからの経過時間によって検索順位が変化する現象、またはそのアルゴリズムを指します。サイトの存在がGoogleのクローラーに初めて認識されてから3〜6カ月の間は、SEO対策を実施しても検索上位に表示されにくくなります。


    ただし、この現象は必ずしも発生するとは限りません。サイト開設後、すぐに検索上位に表示されることもあるようです。エイジングフィルタと呼ばれるアルゴリズムの存在をGoogle自体が公に認めていますので、サイトが開設されてから一定期間はGoogle検索で、上位に表示されにくいと考えておいた方がよいでしょう。


    Google以外のYahoo!やBingでも、サイトを開設してすぐに全てのURLが検索エンジンに登録されるわけではありません。「エイジングフィルタ」が確認されているわけではありませんが、効果的なSEO対策をしていても検索結果に上位で表示されるには、サイトを開設してからそれなりの時間を要します。サイトを運営している期間が長いほど被リンクが増える機会も多くなり、検索エンジンに評価されやすくなっています。つまり、サイトの運営期間が長いほど有利なことに変わりありません。


    せっかく自分のホームページを開設したのだから、多くの人に閲覧してもらいたいと考えるのはよく分かりますが、サイト開設後すぐにSEO対策をすることで即結果に反映されるわけではないことは理解しておいてください。


    上位表示されにくいサイト開設から3〜6カ月の間は、サイトのコンテンツを充実させたり、HTMLの最適化など内部対策をしっかりしてみてはいかがでしょうか。一定期間が経過してエイジングフィルタが解除された時に、検索順位で上位に表示されているかも知れません。



SEO対策
SEO対策ならディレクトリ登録
  • WEBサイトを、提携パートナーサイトが導入している、ディレクトリ型検索エンジン「Jディレクトリー」へ登録するための有料審査サービスです。発生する費用は登録審査料金のみとなります。
サイト内検索
書籍の紹介
  • 入門 ウェブ分析論〜アクセス解析を成果につなげるための新・基礎知識〜
    入門 ウェブ分析論
    発売:2010/10/01
    定価:2,415円
    著者:小川 卓
    内容:ウェブ分析をはじめる前に、サイトの課題発見から改善まで、集客と導線の最適化、一歩先のウェブ分析手法
    評価:様々な対策を行った上で分析をするための参考書であり、中級者以上に向けた書籍といえます。アクセス解析をもっと分析したい方にとっては、有益な情報を得ることができる書籍ではないでしょうか。
  • Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本
    Webサイト制作・運営に役立つ!
    発売:2010/06/05
    定価:1,575円
    著者:服部 洋二、田中 充
    内容:筆者の実体験をベースにWebサイトを制作・運営する際に必要となる知識を「100の基本」としてまとめました。
    評価:初心者向けの書籍です。中小企業のWebサイトに携わる方向けの書籍ですので、個人のウェブサイトにも適用しやすい内容となっています。